ビルトインコンロの選び方をチェック

ビルトインコンロはお手入れのしやすさ、安全性の高さなどで人気です。

ただ、実際にリフォームするとなると「どんなビルトインコンロを選べば良いのか分からない」といった事態に陥ってしまうかもしれません。ここでは、ビルトインコンロの選び方についての情報をまとめてみました。キッチンをリフォームする際参考にしてみてはいかがでしょう。


まずはガスの種類で選ぼう

ビルトインコンロを選ぶとき、まず確認したいのが「ガスの種類」です。一般家庭の場合、都市ガスとプロパンガスの2種類に分けられます。ビルトインコンロは都市ガス用とプロパンガス用と、それぞれ用意されているのです。

もし、契約しているガスの種類と合わないと使うことができません。ですので、まずはガスの種類をチェックするということから始めます。もし、ご自宅で使用しているガスの種類が分からないという場合は、ガス機器に貼付されたラベルを確認してみましょう。

ラベルに「LPG」と書いてあるならプロパンガス、「12Aまたは13A」と書いてある場合は都市ガスです。またガスメーターにもLPG・12A・13Aの記載があるので、こちらでも確認することが可能です。

天板の種類をチェック

ビルトインコンロを選ぶ上で特に気になるのが「天板の種類」ではないでしょうか。天板の種類によって見た目はもちろん、特徴も変わってくるためです。現在、ビルトインコンロの天板として用いられているのはガラストップ・ガラスコート・ホーロー・フッ素コート・ステンレス・アルミトップなどです。

ガラストップは現在、主流となっている天板の1つで見た目が美しいだけでなく、お手入れが簡単というメリットがあります。ガラスコートは硬質ホーローにさらにコーティングをして、強さと発色を向上させた種類です。ガラスの光沢感と色のバリエーションを楽しめます。

ガラストップと比較すると価格がリーズナブルというのも特徴です。鋼板にガラス質のコーティングを施したものがホーローです。ホーローはとても耐久性に優れており、硬いもので擦っても傷がつきにくいという魅力があります。

フッ素コートは鋼板にフッ素コーティングしたもので、油をはじくという特徴があります。他の素材よりも価格が安いというのも特徴です。料理好きという人はプロの料理人が使っているようなイメージのある、ステンレスタイプを選ぶケースも少なくないようです。

ステンレスが天板となっているビルトインコンロはとても丈夫で、使い込むほど味が出ます。業務用のようなシンプルなデザインでも選ばれているのがこのタイプです。天板に厚みがあるアルミタイプは近年、増えてきている素材です。

熱伝導が良い素材が使われていることもあり、汚れが熱で焼きつきにくくお手入れが楽と言われています。このように天板の種類1つとっても、ビルトインコンロの種類は様々です。長く使うことになるビルトインコンロ、天板の特徴を把握して選ぶことが必要と言えるでしょう。

ゴトクはホーローかステンレスが主流

ビルトインコンロのゴトクの素材はホーローかステンレスが主流です。

ビルトインコンロを選ぶときは、ゴトクの種類にもこだわってみてはいかがでしょう。

最新のビルトインコンロはホーローのゴトクが、標準装備となっているケースが多いようです。ホーローは焼け焦げや傷などが目立ちにくいという特徴があります。

濃い色をしているので少し汚れがついていても目立ちません。ただし、使っていくうちに塗装が剥げてしまうという劣化が起こります。塗装が剥げるのが嫌だという人は、ビルトインコンロにデザイン性を求めたいという人はステンレスのゴトクがおすすめです。

ステンレスはミドルグレード以上のガラストップコンロに、搭載されていることが多いゴトクです。ステンレスの色を活かした明るいゴトクで、スタイリッシュな印象になります。塗装がされていないのでお手入れ時の摩擦で、塗装が剥げてしまうという心配はありません。

ですがステンレスは熱に弱いという特徴があるので、お手入れ不足だと加熱による変色が起こります。変色が気になるという場合はこまめに、専用クリーナーでお手入れするようにしましょう。

コンロの火力で選ぶ

以前のビルトインコンロは左右どちらかだけ火力が強いというタイプが主流でした。ですが現在は火力も選べるようになっています。今までの火力で十分という場合は、左右どちらかの火力が強いビルトインコンロを選ぶと良いでしょう。

3口コンロのビルトインコンロの中には、奥の小バーナーをのぞいて、手前の左右のバーナーのどちらも高火力バーナーそして、どちらもとろ火が使えるというタイプがあります。高火力・とろ火どちらも対応できるコンロであれば、料理によってコンロを使い分けるという手間暇がかかりません。

強火でサッとする料理・弱火でコトコトと煮込む料理など、様々な種類の料理をする人はコンロが高火力・とろ火、どちらも対応しているビルトインコンロがおすすめです。なお、現在のビルトインコンロは高火力・とろ火どちらも対応しているコンロが標準となっているようです。

関連:注目を集めるビルトインコンロの据置枠

グリルの特徴もチェックしよう

ビルトインコンロを選ぶとき忘れてはいけないのがグリルのチェックです。以前と比べるとビルドインコンロのグリルは、飛躍的に進化したと言われています。今までのビルトインコンロのグリルは使用する際に水を入れる必要がありましたが、今のものは水を張らなくても使えます。

水を入れるという手間暇を省けるのはもちろん、使用後のお手入れも各段にしやすくなっています。また、グリルをチェックするときには「片面焼き」か「両面焼き」の特徴も把握しておきましょう。片面焼き・両面焼きそれぞれに良さがあるからです。

片面焼きは片方ずつ焼いていくので、両面焼きと比べると調理時間が長くなってしまいます。ですが、魚が焼網にくっつきにくいというメリットが片面焼きのグリルにはあるのです。両面焼きのグリルは調理時間が短くスピーディーに仕上がる、魚を焼くときにひっくり返す必要が無いので身が崩れてしまうという心配もありません。

ですが片面焼きよりも焼き網に魚がくっつきやすい・厚みがある魚は入れにくいというデメリットもあるようです。片面焼き・両面焼き、それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合った方を選ぶと良いでしょう。